池田補聴器専門店のスタッフブログ

補聴器とお耳のお話

補聴器と寒さ、結露。

●担当: こまもん 2017年11月14日

こんにちは


「こまもん」こと池田補聴器専門店 店長の小切間です。


最近では、お客様から広告見たよ


「パンダ店長」と声を掛けて頂ける様に。


きっと、お客様も「パンダ=私」に納得されたのでしょう。


最近ダイエットを怠けている結果でしょうか?


違います?


そんな「パンダ店長」の居る池田補聴器専門店では


急な寒さによる結露対策を実施しています。


耳かけ型補聴器のチューブの中に温度差による


水滴(結露)がそろそろ補聴器に悪さをして


「音が出ない」「音が弱い」と訴える方が増えてきました。



 


 


 


 


 


 


対策


チューブの中にもめん糸を入れて水滴になるのを防ぎます。


ちょっとした事で、快適に聴こえを確保できますので


是非、池田補聴器専門店の「パンダ店長」に


お任せください。無料で行っています。



 


●担当: こまもん ●カテゴリー: 補聴器とお耳のお話, スタッフのつぶやき

新商品です。 ハイブリッド式のオーティコン充電式補聴器が発売されます。

●担当: こまもん 2017年09月14日

こんにちは


「こまもん」こと


池田補聴器専門店の店長 小切間です


新商品の情報が飛び込んできましいた。


100年以上世界中に補聴器を普及する


老舗メーカーのオーティコン。


 


聞こえは「脳」とともに。


をコンセプトに開発している素晴らしい


補聴器メーカーです。


 


Oticon(オーティコン)から


従来の補聴器電池と充電対応タイプのハイブリッド補聴器


発表がありました。


「Oticon Opn」


オーティコン補聴器、


周囲 360度の音を自然に届ける補聴器『Oticon Opn™』が、


新たに充電池にも対応しハイブリッド式に進化



 


詳しくは 


http://www.oticon.co.jp/solutions/main/opn/opn-recharge


 


池田補聴器専門店でも取扱いいたしますので


詳しくは来店して頂きましたら


しっかりご説明させて頂きます。


是非、ご来店ください。


 


●担当: こまもん ●カテゴリー: 補聴器とお耳のお話

「鈴虫の鳴き声」秋を気持ち良く迎えよう

●担当: こまもん 2017年08月31日

こんにちは


「こまもん」こと、池田補聴器専門店 店長の小切間です


ようやく朝晩が過ごしやすくなってきましたね


「鈴虫の鳴き声」も聞え出しています。


今年の夏を越した補聴器は例年より湿気の影響で


聴こえがすっきりしていない様です。


「鈴虫の鳴き声」を楽しみながら秋を感じて頂きたいと思います。


池田補聴器専門店では「きっちり乾燥して」快適な聴こえを


取り戻せます。是非、気軽に来店ください。



●担当: こまもん ●カテゴリー: 補聴器とお耳のお話

未来の補聴器?iPhoneと連動

●担当: こまもん 2017年08月29日

こんにちは


「こまもん」こと池田補聴器専門店 店長の小切間です


最近の補聴器は充電式が登場したり


iPhoneやスマートフォンと連動したりと


なかなか「ついていけない」とお客様がつぶやく商品が、


その中でも、リサウンドの遠隔サポートは人と場合によっては


有効な機能です。


離島にお住まいで近所に補聴器の専門店がなくて


なかなか調整が出来ずに我慢している方には魅力的なサポートです。


本来は補聴器調整は対面で行うのが一番いいのですが


例外として、それが困難な場合は我慢して使って頂くより


なるべく快適な聴こえで過ごして頂ける調整を行えたらと


思う事も・・・・・・・。



いろいろな条件はありますが


これからの補聴器業界もどんどん新しいい試みを


していかないといけません。


聞こえにお困りの方、こんな商品があればいいのにと思う事を


どんどん私達に発信ください。店舗に相談ください。


快適な生活、聞こえストレスの少ない生活を一緒に


つくりましょう。


詳しくは池田補聴器専門店まで。


●担当: こまもん ●カテゴリー: 補聴器とお耳のお話

6人に1人が聞こえに問題を抱え、「認知症」のリスクも。

●担当: こまもん 2017年08月06日

こんにちは


「こまもん」こと池田補聴器専門店の小切間です。


気になるニュースが飛び込んできました。


専門誌Lancetに、認知症の予防や治療などに関する


最新の知見をまとめた論文が掲載されました。


それは「難聴」が認知症のリスクとされたことです。


「難聴」になる人を完全に無くせたら


「認知症」を今より9%も減らせる


という内容でした。


「難聴」はとても身近なもの。


およそ6人に1人が聴力に問題を抱えているそうです。


(つまり1000万人以上が聞こえに問題を)


「難聴」⇒「認知症」について2つの可能性を指摘。


 


「社会的な孤独」につながる。


会話が難しくなると周囲との関わりが減りやすくなります。


コミュニケーションによる刺激が少なくなる


精神的なストレスから「認知症」になりやすくなる。


 


「認知的な負荷」が高まる。


脳が音を理解する働きはとても複雑です。


 



 


このような発表があり、考えるのは


聴力の低下をいち早く認識し、「補聴器」により


日々の生活の質を高めることはとても意味のあることだということです。


先ずは、専門店でしっかりご相談いただき早めに対処しましょう。


池田補聴器専門店も日々聞こえの悩みをご一緒に改善しています。


 


 


 


●担当: こまもん ●カテゴリー: 補聴器とお耳のお話
« 前の記事へ
Scroll Up